中国旅行への誘い:上海や北京などの魅力から危険情報までのTOPに戻る

貴重品について


 海外では、その楽しさから、ついつい気が大きくなり、夜遊びをしてしまったりということはありがちです。

 しかし、中国では風俗事犯に対する取締りはかなり厳しいです。

 また、中国では、所定の場所以外での両替は禁止されていますし、両替のレートも銀行、空港、ホテルとすべて一定です。

 個人的に声をかけてくるような場合は、大変注意が必要です。また、男女をとはず、深夜の外出は何かとトラブルの元になります。単独での行動は控え、外出する際には何か自分の身分を証明するものを携帯するようにしましょう。

 絶対に無くしてはならないパスポートと航空券の紛失・盗難にそなえて、必要事項をメモ、またはコピーしておくことが必要です。


●パスポート

 事前にパスポート番号、発行年月日をメモあるいはコピーを取っておくことが大切です。再発行の時にこれらの情報があれば手続きがスムーズに行えます。


●航空券

 チケットを購入した旅行代理店の名称や電話番号、住所などを控えておきます。正規の運賃で購入したものなら、再発行してくれる場合はあります。格安チケットの場合は、無理なことが多いです。空港などには旅行社の支社があり、日本語が通じるステップタフが駐在していることもあります。


●現金・トラベラーズチェック

 多額の現金の持ち歩きはお勧めできません。トラベラーズチェックは紛失や盗難の際は再発行が可能ですから、あらかじめ発行番号および銀行連絡先を控えておくといいですね。


●クレジットカード

 紛失や盗難の際にすぐに連絡が必要です。カード番号、有効期限や発行会社の名称を必ずメモします。盗難や紛失があった場合には、すぐに公安局で盗難または紛失証明書を発行してもらってください。

 いずれにしても、事件、事故に巻き込まれた時は、すぐに最寄りの公安局(中国における警察)に通報します。盗難の場合は「盗難証明書」を発行してもらうとともに、総領事館に相談し、協力を得ましょう。個人で対処しようとせず、公の力を借りることが海外では必要です。

関連コンテンツ

パスポートを紛失したら

 海外旅行中に、なくしてはいけないものは、それは帰りの航空チケットとパスポートですよね。  空港では何度も入国手続きや検査でパスポートに触れる機会があるので緊張感を維持できるのですが、中国の国内・・・

中国でトラブルにあったら

 普段、日本にいる時は、すこぶる健康な方も、旅行中、楽しさから無理をしてしまい寝不足になり体調を壊したり、食べなれない食事や水からおなかを壊したりしがちです。  また、ちょっとした油断から、盗難・・・

旅行時の体調管理

 海外に旅行では、日本とは異なる事情・事態が多く出てくると思います。  それは海外旅行の楽しみ、醍醐味でもありますが、不便にな事も多いかと思います。  今回は中国旅行での体調管理について見・・・