中国旅行への誘い:上海や北京などの魅力から危険情報までのTOPに戻る

中国トイレ事情


 旅行のガイドブックなどに普通はトイレの話など書いていないものですが、中国のガイドには必ず書いてありますね。

 ねぜでしょう?

 非常に特徴があるからです。

 「中国のトイレはドアが無い?」などという事をよく耳にするようになるのが中国トイレ事情なのですが、実際、鍵が壊れたドア、壊れた後誰も治さないドア、とトイレに日本のようにきちんとドアがついている事は少ないそうです。

 大都市の北京や上海でも、外資系デパート、高級ホテルを除くと安心して入れ、快く使用できるトイレはかなり少ないようです。

 街の公衆トイレは、決して綺麗では無いうえに使用料(日本円で3〜5円)が取られるそうです。

 トイレや水道の水が流れないということもざらにあるそうです。

 トイレットペーパーはもちろんほとんどのトイレに無いためポケットティッシュも必需品だそうです。

 とても有名な世界遺産の万里の長城、入り口付近などにトイレがありますが、決して整備はされていませんでした。もちろんポケットティッシュは必需品です。

 それでは、外出中にどうしてもトイレに行きたくなった場合どうしたらよいのでしょうか。

 そんな時一番良いのはマクドナルドなどのファーストフード店のトイレを借りる事だそうです。

 中国ではトイレのためだけにお店に入る事は当たり前の事でもあるらしいです。

 しかしそれらのお店も無い田舎などに行く際はある程度の我慢は必要になってくるようです。

 ドアだけではなく屋根もしきりも壁も無いトイレ、屋外の壁際をビニールシートで覆っただけのトイレなどもありえるそうです。

 ここまで中国のトイレ事情を見てみると、中国のイメージを悪くしてしまった様にも思えますが、このようなトイレ事情は中国の人にとってはあたりまえで、「日本人が知らない人同士銭湯などに入る方がおかしい」という事も中国では聞くそうです。

 日本のトイレをイメージしてトイレを探すとなかなか苦労しそうですが、中国らしいトイレというのも良い土産話などになる可能性もあるとも思います。

関連コンテンツ

中国コンビニ事情

 中国旅行中に、深夜などに、どうしても必要な物を購入したい場合などが出てくるものですね。  日本に住んでいる場合、この様な時にはコンビニが便利です。では中国のコンビニ事情とはどのようになっている・・・

お金、通貨について

 旅行先で大切になってくる物といえば何と言っても現金でしょうか。  2008年夏にオリンピックを控えている中国、今後中国旅行を考える人も増えて来ると思います。  そこで今回は中国旅行の際の・・・