中国旅行への誘い:上海や北京などの魅力から危険情報までのTOPに戻る

中国コンビニ事情


 中国旅行中に、深夜などに、どうしても必要な物を購入したい場合などが出てくるものですね。

 日本に住んでいる場合、この様な時にはコンビニが便利です。では中国のコンビニ事情とはどのようになっているのでしょうか。

 中国の中でも、北京、上海、広州など日本系列のコンビニが進出しているそうです。
おでんや弁当類など日本でもお馴染みの食品が豊富なことからも人気は高いようです。

 中国系の店舗も都市部で増加しているそうですが、地方都市などではまだ数は少ないようです。

 コンビニの中でも、ローソンは上海で約300店舗展開しており、ファミリーマートは上海で約100店舗、今後広州にも出店予定だそうです。

 セブンイレブンは北京に約40店舗、広州にも店舗があるそうです。

 中国系のコンビニには、「快客」というものがあり北京、上海とその周辺地域に多数出店しているそうです。

 そして北京には「好隣居」「物美」「万方便利」、上海には「好徳」「可的」「良友」「C−STORE」など約4000店舗の中国系コンビニがあるそうです。

 中国旅行をする際など、日本系のコンビニで日本との違いをチェックしてみたり、中国系のコンビニに試しに入ってみたりというのも面白い事なのではと思います。

 しかしコンビニというと日本のイメージもあり、少し風情が無い気もしますが、便利さといえばコンビニですので、旅行の楽しみにもなってくると良いと思います。

関連コンテンツ

中国トイレ事情

 旅行のガイドブックなどに普通はトイレの話など書いていないものですが、中国のガイドには必ず書いてありますね。  ねぜでしょう?  非常に特徴があるからです。  「中国のトイレはドアが・・・

お金、通貨について

 旅行先で大切になってくる物といえば何と言っても現金でしょうか。  2008年夏にオリンピックを控えている中国、今後中国旅行を考える人も増えて来ると思います。  そこで今回は中国旅行の際の・・・