中国旅行への誘い:上海や北京などの魅力から危険情報までのTOPに戻る

上海


 北京で2008年夏季オリンピックが開催されますが、北京以外にも観光すべき都市が中国には沢山あります。

 北京オリンピックにあわせて中国旅行をする人も多いでしょう。北京以外の都市も中国旅行のプランに組み込む方も多いと思います。

 そこで今回は、中国旅行の定番の上海観光について少し見て行きたいと思います。

 上海観光は、見所は数え切れないほどあります。

 そこで今回は数ある見所の中から、特に数箇所に絞って観光スポットを見て行きたいです。

 まず外灘ですが、ここは「中国の窓」とも言われ、上海の玄関と呼ばれている場所だそうです。

 南京条約で上海が開港後、各国の商社、銀行などが立ち並び「東方のウォール街」とも呼ばれるまでに繁栄しました。中国が開放された後にも、これらの街並みは保存され現在に至っています。

 建造物は国の重要文化財に指定され、新古典主義、ネオ・バロック、アールデコなどの建築様式が融合しています。

 建築物の美しさからその夜景も絶景なようです。


 そして上海一の繁華街と言われる南京路ですが、ここは外灘の和平飯店から静安寺までの全長5.2kmの大きな繁華街だそうです。

 古くからの食品店や百貨店を中心に、近代的・現代的な店も入り混じる繁華街である「南京東路」と、高級ホテル、ショッピングモール、お洒落なレストランやカフェが並ぶ「南京西路」に分かれるストリートとなっているそうです。南京東路などは大半が歩行者天国となっているそうです。

 そして上海で話題を集めているスポットのひとつが新天地です。

 フランスの租界だった街並みをよみがえらせ、お洒落で高級感溢れるエリアとして注目をあびています。

 石レンガ造りの建物の中には、中国料理はもちろん、日本料理、フランス料理、スペイン料理など世界各国の料理を楽しむ事ができます。また個性豊かなショップなどもあります。新しい店も次々とオープンしており、映画館などの娯楽施設や百貨店も建設予定だそうです。
昼はもちろん夜も風情のある場所とされています。

 今回は比較的新しく、現代の上海を知ることのできるスポットを見てきましたが、もっと古く上海の歴史を知れるスポットなどももちろん沢山あります。

 上海、中国旅行のプランに組み込んでみるときっとよい旅になりそうだと思います。

関連コンテンツ

万里の長城

 中国で何よりも有名な世界遺産、最も有名な遺跡といえば万里の長城でしょう。  中国旅行などの際にはずすことのできない定番の場所であります。もちろん歴史の授業などでも必ず教科書に登場する超有名な遺・・・

西安

 今回は中国旅行でも人気の観光都市、西安の観光スポットについて見て行きましょう。  西安といえば、兵馬俑、陝西歴史博物館、法門寺、青龍寺、半城遺跡、大興善寺、大雁塔、鐘樓、華清池、碑林博物館、小・・・

観光地人気ランキング

 今回は、ある中国旅行に関するランキングを2つ見て行きたいと思います。  まずは世界遺産のランキングです。中国旅行でもっとも人気のある世界遺産は、第1位の万里の長城です。そして2位は天壇(北京の・・・

北京

 北京は、中国の首都で、中国共産党中央委員会の所在地です。したがって中央官庁も集まっています。  河北省という中国の東部に位置します。  面積では中国で三番目の都市で、日本の四国に相当する・・・