中国旅行への誘い:上海や北京などの魅力から危険情報までのTOPに戻る

中華人民共和国、中国のこと。


 中国、中華人民共和国とは、社会主義国家で、1949年、中国共産党により建国されました。

 首都は北京市ですが、最大の都市は上海です。世界第4位の面積をほこり、人口では世界第1位です。

 またギネスブックによれば、最も多数の国と国境を接する国とされています。

 漢民族が人口の94%を占めます。政府が認定する55の少数民族からも成る多民族国家です。

 「中国」とは国の中心、もしくは中華思想にもとづき「世界の中心」を意味します。また「中華」も「中心の国に住む優れた文化」という意味合いを持っています。

 とにかく世界で、もっとも古くからの歴史があり、絶え間なく文明が続いてきた国です。

 日本と隣接する国の中でも特に世界遺産などが多いためもあり、中国旅行などで日本と関係も深い国であると言えるかもしれません。

 日本人が行う中国旅行のみならず、最近では、中国の経済的躍進もあり、日本旅行をする中国人の方も多くなってきています。

 多くの日本人と同じく買い物好きな事でも有名で、その為もあって日本に旅行をするとも聞きます。

 最近では毒入り餃子などで、食品の安全性について問題になっていた事が記憶にあたらしい中華人民共和国です。やはり国全体で食の安全意識は高くないそうです。

 農作物は増産の目的で大量に農薬が使用され、それ以外の加工食品についても安全より利益優先の考え方、工場の衛生管理の問題、偽ブランドの横行など様々な問題を抱えている事は有名な話です。

 最近の日本では、中国の悪い点が注目されています。しかし歴史、世界遺産などは壮大さなどが特徴で、やはり素晴らしいものが多いです。

 また良い点に注目してみれば沢山の事柄がみつかりそうです。

 簡単に中華人民共和国の概要を見てきましたが、今後北京オリンピックなどでもっと注目をあびて行くのではと期待されます。